理科教育関連Blog投稿

第55回日本初等理科教育研究会全国大会

第55回日本初等理科教育研究会全国大会が
富山で開催されました。

午前には、生活科、理科の6つの授業が提案され、
それぞれの部会で子どもの姿をもとに活発な議論がなされました。

私が参加した小学校第3学年部会は
「磁石」の単元の学習でした。
自由な試行活動を軸にものと十分にかかわりながら
磁石につくもの、つかないもの、N極やS極があることなどを学んだ子どもたちが
しだいに「磁化」にかかわる部分にふれいていく場面でした。

磁石に鎖状につながるクリップを自慢げに紹介する中で、
(そのクリップは)「そりゃあ、S極についたのはS極になったんだよ」
というつぶやきを契機に
「え?S極につくのはN極だから、クリップはN極じゃないかな?」
「ん?わからなくなってきた」
と小さな疑念の渦が徐々に大きくなっていきました。

新たな問いが生まれた瞬間です。

実は、この仕組みがこれまでよくわからなかったのです。
(今もよくわかっていない)… 続きを読む...

富山大学附属小学校授業研究

先日、富山大学附属小学校の授業研究会に参加してきました。
小学校第6学年「水溶液の性質」です。
提案点は非常に興味深いものでした。

塩酸に溶けたアルミニウムは、
化学変化の結果、違う性質の物となっています。
そこまでは、通常の授業の通りです。

今回、授業者が視点を当てたのは、
塩酸の方でした。

化学変化ですから、
それは、両者の相互作用で進むもの。
今回の提案授業は単に変化の前後の理解を深めるというよりは、
化学変化という概念の形成をねらった授業でした。

その局面は、実際は次のような言葉で出てきました。
「塩酸の力は残っているの?」

塩酸はアルミニウムを小さくしていった。
塩酸がアルミニウムに入っていった。
水素と一緒に出て行った。
そしてアルミニウムはおニューアルミになった。

そう考える児童たちが立ち止まったのは、
「だったら塩酸もおニューになったのか」という点。

ここにあらたな「問い」の創造が見られます。
対話によって「問い」が創造されることが
子どもの姿で検証されたのではないかと思いました。

たいへん勉強になりました。
ありがとうございました。… 続きを読む...

見取り 生活科概論

この日の生活科概論では、
単元「秋の宅配便」というテーマで
作品作りに取り組みました。

まずは、子どもになりきって取り組みます。
大学の周辺で木の実や葉を見つけ、
それを用いて、さらに、
すでにこちらで準備していたドングリなども加えて
作品にしていきます。

「宅配便」ですから、
送りたい相手も一人一人思い描いていることでしょう。… 続きを読む...

ぴっかぴかのサツマイモ

前期の生活科指導法の授業で
小学校で栽培されることの多い
花や野菜の苗の観察を行いました。

その中にサツマイモの苗もありました。

観察が終わってから、その苗にさらに加えて
畑に植えて育ててきました。

中からできてきたサツマイモは土を洗い取ると
かなりきれいなむらさきをしていて
本当に自ら光を放っているかのよう。
続きを読む...