おかえり!

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの81回目。
(写真は54次隊のときのもの)

54次越冬隊、55次夏隊のみなさん、
大任を果たされてのご帰国、おかえりなさい!

目に映る、このごく当たり前の日常を前に
ほっと一息ついてもらいたい。


しらせがオーストラリアに入港すると
自然の多様さと近代文化の構造物が目に飛び込んでくる。
にぎやかな小鳥のさえずり、まぶしい限りの木々の緑、
どこからともなく流れてくる軽快な音楽、
行き交う人、人、人。


今までいた世界がまるで夢の中だったかのようだ。
しかし、氷の海で傷ついたしらせの船体を見ると
あれはやっぱり夢ではなかったのだと、思う。
無限に広がる氷海の中に一筋の道を切り開きながら進み、
オーロラの下をくぐりぬけてきたしらせが、確かにここにいるのだ。

その勇姿を見ていると、
この世界がいかに便利で、いかに無駄で、
いかに知恵に満ちていて、いかに欲に染まっていて、
人はいかに生きるべきか、君はいかに進むべきか、
と、問いかけてきたような気がした。


隊のみなさんの帰国に
今日は私も一人祝杯をあげようと思う。

これで、第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの役目もなんとか終えられた。
今回で最終回としよう。