ヘリ格納

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの79回目。
(写真は54次隊のときのもの)

しらせの北上航行は順調に進めば
あと数日でオーストラリアに寄港することだろう。
そうしたら、
このバーチャル同行シリーズも終了となる。

だが、帰路のしらせ上の様子を
バーチャル行動したいことは
まだまだたくさんある。


隊員たちがしらせに帰還すると、
ヘリは倉庫に格納される。
3機のヘリは、昭和基地への物資の搬入や
昭和基地周辺への調査活動に大活躍だった。
南極観測にとってヘリはいつも重要な役割を果たしてきたのだ。
その労をねぎらうように、ヘリクルーたちは入念に手入れをする。


ローターをとりはずされた機体は、
船体にしっかりと補綴され
このあとはゆっくりと体を休めることとなる。
私も倉庫に休む機体のそばに近づいて
しばらくの間、これまでの南極行動を振り返った。”