もう一つの観測隊の姿

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの65回目。
(写真は54次隊のときのもの)

第54次越冬隊と
第55次夏隊は、
2月10日までに全員がしらせに戻ったようだ。
今後は、約40日の航海を経て、
オーストラリアまで戻ってくることになる。


一人、また一人と昭和基地を離れていく隊員。
課された使命と抱いたロマンを胸に秘め、
がむしゃらに過ごした日々。
ヘリポートでは、そんな毎日を
互いにたたえ合う姿が
あちこちに見られた。


ふと目をやると、ずっと向こうから
このいでたちでこちらに向かって歩いてくる隊員がいた。
54次隊最年長となる越冬隊員だ。
彼は、ともに汗を流す若いチームメンバーたちへの
リスペクトを常に忘れない方だったが、
この最後のお別れの日も、やはりそうだった。

いつの間に準備をしていたのか、
背中から長いのぼりをはためかせ
さっそうと歩いてくるではないか。
その全身に最高の敬意が表れていた。


また、設営系の隊員たちのお別れの仕方もさすがだった。
いつもの青い愛車のトラックを何台も連ねて
ヘリポートにやってきたのである。
もはやそこに、どんな言葉も必要なかった。
それだけで、言いたいことはすべてわかったような気がした。
しらせに戻るまでの間には、そんなもう一つの観測隊の姿がある。

おそらく、今頃は
しらせの中にも、
昭和基地の中にも、
何かぽっかりと穴の開いたような
そんな残像があるのではないだろうか。”