おにぎりの力

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの53回目。
(写真は54次隊のときのもの)

ここ数回は、昭和基地での様子をバーチャル同行してきたが、
そろそろ再び野外に出る頃になってきた。
地圏グループや生物グループにとって
昭和基地で過ごすのは限られた時だけで、
野外にある観測拠点で活動することがどうしても多くなる。

そろそろ、もう一つの野外観測拠点に行ってみたいと思う。

だがその前に、ちょっと準備することがある。
それは、夕飯の残りのごはんでおにぎりをたくさんこしらえること。


一旦野外に出ると、
3〜4日戻らないことはよくあること。
食事はどうしてもレトルト系が多くなる。
おいしい炊きたてごはんはしばらくおあずけとなるので、
出発の前日には、こうしてみんなでおにぎりを準備する。
これが、意外にも野外では元気のエネルギーになる。

特に、野外初日は、居住の立ち上げや物資搬入などで煩雑になるので、
おにぎりたちの存在はとても助かるのだ。

そういえば、
ヤンキースで活躍した松井秀喜選手は
試合前にはよくおにぎりを口にしていたという。
好物はおかかと梅だったとか。

また、ソチオリンピックに出場する田畑選手は、
実家で作っているお米を試合前に食べて力にするのだと
いつかのインタビューで語っていた。

観測隊員たちも、みんな
お米を炊いて握ったおにぎりが大好きなのである。

このおにぎり作り、
どうやら55次隊でも、欠かせないみたい。”