トラブル発生

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの47回目。
(写真は54次隊のときのもの)


破損したパネルは、無事、安全に取り外された。
一方、新しいパネルを取り付けるための下準備も整った。
あとは、元の枠組みに戻すだけだった。
作業工程も確認済み。
天候も申し分ない。
完成は目前だった。


さっそく、枠組みに取り付ける作業に入った。
と、ここである問題が発覚した。
枠組みとパネルのサイズが微妙に違うのだ。
上下を入れ替えても、左右を反対にしても、
もう1枚の方を当てはめてみても、どうしてみても、
ぴったりと収まらず、ビスと穴の位置がずれてしまうのだ。


すぐに、道具箱の中のあらゆる道具を取り出し
懸命に修復を試みた。
ドリルを借りて新たな穴を開けようと、
一旦山を下って、別の場所にいる隊員の所まで行ったりもした。
それで何とか1つは穴を開けられたが、
材質に合う刃ではなかったのでかなりの時間を要した。

穴は全部で20〜30カ所もあったので、
この方法では無理だということは誰の目にも明らかだった。
私たちの作業ペースは一気に下がった。
だが、あきらめるわけにはいかなかった。
気がつけば、もう夕食の時間になってしまっていた。

その時、一人のベテラン隊員が
こちらの山に向かって登ってくるのが見えた。
なかなか山を降りてこない私たちを心配して、
トラブルの様子を詳しく見に来てくれたのだ。

ベテラン隊員にこれまでの経緯を伝えた。
すると、しばらく考えた後、
あるアイデアを提案した。
それは、これまでにないアイデアだった。

よし、それならなんとかなるかもしれない、
みんながそう思った。

しかし、その隊員はこう続けた。

「とにかく今は、一旦山を降りようや。
 このまま作業を続けるのは得策じゃない。
 ひとまず山を降りて夕飯を食べてこようじゃないか。
 あとでまた登ってこればいいよ。
 こんどはみんなもいる。」