パネルの交換

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの46回目。
(写真は54次隊のときのもの)

ラングホブデ雪鳥沢の2日目の朝を迎えた。
この日の作業は二手に分かれることになった。


私は、小高い山の上にあるGPS測地点の
太陽光パネルの補修作業に加わった。
前次隊の報告では、ここのパネルが2枚破損しているとのことだった。
そこで日本から全く同じパネルを持ち込み、
ここまで担ぎ上げてきたのだ。


近くで見ると、こんな場所までダメージを受けていた。
この写真は、基台となっている骨組みの部分だ。
普通、単管はこんなふうにはならないだろう。
強風と低温のためこんな姿になってしまっている。
南極の自然の猛威を思い知らされた。


反対側に回ってみると、また驚いた。
固定されているジャッキがくにゃっと曲がっていたのだ。
GPSの設備なので、障害物の少ない場所に設置するのはわかるが、
それでも、風や雪をさえぎるものがなく
ダイレクトに影響を受けてしまうのは困りもの。


さっそく私たちは、半日の予定で修理に取りかかった。
取り替えるパネルは2枚。
まずは、パネルを1枚ずつ慎重に基台から取り外していく。
新しいパネルを基台に取り付ける前には、枠にシリコンを流し込んでおく。
ここまでは、ほぼ予定通り順調に作業が進んだ。