沢登り

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの44回目。
(写真は54次隊のときのもの)

夕食を終えたあと、
沢伝いに、軽く山登りをすることになった。


ここは「雪鳥沢」という地名だけあって、
小屋の周囲に幾筋かの沢がある。
そのうちのひとつがここ。
上流の水源は、厚く積み重なった氷河だろう。
水は限りなく澄み切っていて、
それが目の前の氷の海に注がれる。


沢を登り切ると、そこには意外が光景が待っていた。
ある程度の大きさと深さのある池だ。
その奥には、水が滝のように落ちている場所があり、
まだこの先があるようだったが、
このまま直進することはできなかった。
しかたがないので、迂回して先を目指すことにした。


と、そのとき、
池の底に何やらあやしい影がある、と一人の隊員が指さした。
みんながその周りに集まってきた。
水は限りなく澄んでいるけれど、
風のため水面が波立っていて、
すぐにはそれが何なのかわからない。


持参していたビデオカメラは防水仕様だったので
それを水の中に沈めて映像をとることを試みた。
そこに映った映像がこれ。
アザラシの死骸だ。
まだ子供らしい。
なぜかここに迷い込んで、海に帰れなくなってしまったのだろう。

水温は2℃前後と低温で、しかも、
分解者となる微生物もほとんど存在しないため、
死んでも腐敗することなくこの姿を保っている。