幸先のよい新年の門出

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの37回目。
(写真は54次隊のときのもの)

昭和基地では、1月2日は
すでに通常業務になっていることだろう。

54次隊のときは、ちょうどこの日、
デルタアンテナの建設という
大きなプロジェクトが完成した日。
デルタアンテナの設置作業が始まったころの様子については、
前回(2013年12月26日付)にここでも書いた。


あの時はまだ、このアンテナを支えるための
支柱を建てていただけだったのだが、
それが、完成するとこうなる。
高さは40Mにもなり、
昭和基地のどこからでも見える。
このアンテナが運用されると、どんなことが見えてくるのだろうか。
今後の研究の成果も楽しみになってくる。
ここまでくるには、54次隊の隊員だけでなく
多くの隊員たちが関わってきたに違いない。


ここまで立ち上げるには、まず地面で組み立てた資材を
下からどんどん積み上げていくのだが、
最後は鳶の専門隊員が一段一段登っていって
高所での作業を手作業で行うことで完成する。
バックには、南極特有の真っ青な空が広がっていたが、
その実、基地周辺の日常的な「強風」と「恐怖」との戦いだったろう。


この日の完成を隊員総出でお祝いした。
アンテナの前では、工事現場監督が挨拶し、
3年連続で夏隊に参加してきたプロジェクトリーダー熱き思いを語った。
隊員たちは、これまでの苦労や功績を称え、惜しみない拍手を送った。
現場ではさっそく御神酒がふるまわれ、
おもち(大福)やお菓子も撒かれた。

新年の幕開けから幸先のよい出来事で、
54次隊夏作業の中でも印象深い一日となった。

55次隊の新年の門出、心よりお慶び申し上げます。”