昭和基地の大晦日

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの35回目。
(写真は54次隊のときのもの)


昭和基地でも大晦日を迎えていることだろう。
54次の大晦日は、暴風明けの快晴だった。
まずはみんなで昭和基地のクリーンアップ作戦を行った。
氷に埋まっていた廃材を取り出したり、
ドラム缶を回収したりした。
大掃除をするのはどこも同じである。


それが終わると、今度は毎日働いてくれているトラックの洗車。
トラックたちにとっては、気温が低い、ほこりっぽい、など過酷な環境。
それでも、調子をくずさず働いてくれた。
それはもちろん機械隊員たちの日々の点検のおかげでもある。
この日ばかりは、機械隊員以外の隊員もせっせと磨いた。


夕食は、みんなでお鍋を囲んだ。
このときばかりは、夕食にアルコール(1本だけ)も添えられた。
今年はどんな料理が並ぶのだろうか。
調理隊員は、毎日の調理で気をつけていることとして
「昭和基地だからこそ季節感が大切」と言っていたのを思い出す。


一夏の前には、なんと、除夜の鐘まで設置された。
この作品の完成度にはみんな驚いた。
23:00を過ぎたころから隊員たちが集まってきて、
一人一人、代わる代わる鐘をついた。
いつの間にか、「何か一言」を叫んでからつく、
というのがルールになって、
みんな盛り上がった。

今晩は、耳を澄ませば、
昭和基地からの鐘の音がここまで聞こえるかもしれない。
こちらからも、
昭和基地に届けとばかりに、
気持ちを込めてつきたいと思う。”