荷ほどき

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの11回目。
(写真は54次隊のときのもの)

しらせに合流し、
乗船説明が終わると、
ようやく自分の部屋の荷ほどきが始まる。

隊員たちは、着替えや日用品などのほとんどを
専用の段ボール5つ以内におさめる。
それらを、日本を発つ前に
しらせの自室にすでに積んできている。
したがって、
オーストラリアまでは
ほぼ身の回りの品だけで身軽にやってくる。。。。。
(と言いたいところだったが、
 実際は、出発直前まで梱包できなかった物品が20kgほどあって、
 それを飛行機にのっけてきた。)

それらの荷物たちを、
いったん、段ボールから出して並べる。
衣類は、クローゼット型の棚へ入れ、
身の回りの小物や日用雑貨は、ロッカーにしまい、
パソコン類や書籍類は、折りたたみ式のデスクにセットする。

例えば、
そのデスクの一番下の引き出しは、こう。

これが、往復2ヶ月間分の私の嗜好品。

55次隊のみなさんの引き出しにも、
きっとあるはず。