フリーマントルでの過ごし方

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの5回目。
(写真は54次隊のときのもの)

隊員たちは、しらせに寝泊まりしながら
ここフリーマントルで数日を過ごすことになる。

しらせが停泊している港の正面には、
小さな鉄道の駅があって、
そこが、大都市パースからの終着駅ともなっている。

その周辺は、いかにも終着駅のある街らしい佇まいで、
小さな広場があったり、
細い路地におしゃれなカフェが開いていたり、
心地よい海風が通り過ぎるハーバーがあったりする。
地図がなくても、小1時間も歩けば、
だいたい様子がわかってくるサイズのようだ。

しばらく、気分のおもむくままに
そぞろ歩きでもしたくなりそうなところなのだが、
しらせが出航してしまうと
パソコンでネットができなくなってしまうことから、
隊員たちの多くは、
まずはインターネットが使える場所を見つけるために
そそくさと街に出ていく。

家族に最後の連絡をとったり、
日本の同僚に仕事の続きを依頼したり。

それらを終えた隊員たちは、
もうしばらく、こんなふうに夕涼みをしてから、
しらせの中の寝床にもぐりこむ。

これから南極へ向かう隊員たちの
一人一人の心をそっと休ませてくれる
こんなフリーマントルの街は、
だから、南極への最終寄港地に
なっているのかもしれない。”