さて、何に使おうか

南極授業が授業であるために36

そのカタバ風によって発電された電気が
このコンデンサーの中に蓄電されている。

南極の自然の力を利用したエネルギーが
このカプセルに凝縮されている。

姿も形もないエネルギーのはずが、
なんとも、いとおしく思えてしまう。

このエネルギーを
南極から持ち帰って
さて、何に使おうか。

そんな思いを巡らせてしまうところまでが
授業なんだなあ。