南極授業はアウトリーチ活動か

南極授業が授業であるために29

昭和基地に太陽光発電の設備があることは、
いかにも、らしい、ことである。

自然エネルギーを活用したり、
できるだけ環境に負担をかけないようにしたりすることは
極域観測の基本的なスタンスなのだから、
そういうことを世間一般にアウトリーチしていくことは、
意味あることだと思われる。

ただ、
南極授業でそういうことを扱うには、
それだけでは、ちと不十分。

つまり、
それがあまりにも、らしい、ことであるだけに、
子どもにとっての「予定不調和」を引き起こさないのである。
「へえ〜すごいね。やっぱりそうなんだね」
になるのが落ちである。

そこには、
ある仕掛けが必要となってくる。

例えば、
「昭和基地には太陽光パネルがある、
 南極には極夜といって太陽が全く昇らない季節があるのに。」
という矛盾が存在しているということだ。

この矛盾の存在が
授業の中で
子どもの本気を引き出すかぎとなる。

わかりやすいアウトリーチ活動だけが目的なら、
こんな矛盾なんかない方が、
いいのだろうけれど。