南極と立山のご縁

南極授業が授業であるために26

ベテラン研究者と若き研究者の出会いは
偶然だったのか、必然だったのか。
それは、
南極と富山とのご縁だとしか言いようがない。

そういえば、
他にも思い当たることがある。

実は、
このベテラン研究者は
私にこのようなことも語られたのだった。

「この調査の背景には、
 それを引き受けてくれた山岳ガイドさんたちの存在があるのです。
 危険を省みず、
 もてる経験と技術を
 惜しみなく発揮していただきました。」

そのお話を聞いて私は、
かつて第1次南極観測隊に参加した
立山山岳ガイド「芦峅五人衆」の姿を重ねた。

昔も今も、変わらない気質で
立山を舞台にご活躍する山岳ガイドさんたちとのご縁が
ここにもあった。