新たな概念の形成

南極授業が授業であるために19

お二方のご登場は、
子どもにとっては
「矛盾」そのものだった。

一見、富山から遠く離れた南極に、
実は切っても切れない「ご縁」がある、
という「矛盾」である。

この矛盾が、後に
子どもたちの素朴概念を覆すことになるのだが、
もっと大事なことは、
矛盾によって素朴概念が崩された後に
新たな概念が形成される場があることの方である。”