ブリザードか(vol.113)

今朝からにわかに風が強まってきた。
数日前からの昭和気象台の予報通り、
ブリザード並みの低気圧が接近してきたのだ。

午前中は、東京多摩動物公園と回線を結んでの南極授業だったが、
その頃は風が強くても、
まだなんとか外からの中継ができた。

お昼からは、
これからやってくる低気圧に向けての作業を行うとともに、
第1夏宿にいた隊員は、みんな管理棟に集合となった。
ここでブリザードをやり過ごすのだ。

夕方からは、風速が20mを超え始めた。
横なぐりの吹雪が吹き荒れ、
外の視程は数100m程度。

晴れていれば抜けるような青空のもと
真っ白な氷山が輝くここ昭和基地も
ひとたび風が吹けば
あっという間にこうなってしまう。

これが南極の自然。
これが地球のもつパワー。