一足お先に(vol.101)

今日の午後、
54次隊の海洋観測グループが
一足お先に昭和基地を離れ
「しらせ」に戻った。

「しらせ」は海氷に囲まれて動かなくなってしまう前に
向きを反転させ、帰路に向かう準備をする。
その前に、海洋観測グループは「しらせ」に戻って
帰路の海洋観測の準備をするというわけだ。

昭和基地から「しらせ」まではヘリで移動する。
ヘリが離陸する時刻が近づくと
基地内のそれぞれの観測場所や作業場所から
隊員たちが続々と集まり始めた。
もちろん仲間の見送りをするため。

いざ別れを前にすると
どことなくぎこちない会話しかできない。
昼夜を問わず仕事を共にし、
夜遅くまで語り合ったのに。

こういう光景も観測隊のもう一つの姿。