雛がたくさん誕生(vol.90)

ラングホブデ袋浦滞在2日目。
この日は、袋浦から徒歩で往復4時間くらいのところにある
水くぐり浦というもう一つのルッカリーへ向かう。
この辺りでは最大級のルッカリーだ。

地図を片手に海岸線をたどり、
岩場の山や谷を越え、目的地へと向かった。
やはり、途中では
斜度が30度以上はあろうかという岩場でペンギンたちとすれ違う。
餌を自分のおなかに蓄え、
巣で待つひなたちのところへ一生懸命に帰ろうとする姿は
微笑ましいというだけではすまされない、
何か、本能のすごさというものを感じずにはいられなかった。

その後、2時間程度で水くぐり浦に到着した。
目に飛び込んできたその光景に思わず息を飲む。

落ち着いてよくみると、雛たちがたくさんいるのがわかる。
継続して観測してきた隊員によれば、
一昨年の約50羽、昨年の約200羽と比べて、
今年は、約600羽の雛がいるという。