観測隊員の楽しみ(vol.67)

南極観測隊員たちには苦労も多いが、
それより、喜びの方がもっと「多い」。
いや、
喜びが「大きくなる」と言った方が正しい。

それは、
長い間の準備が実った時の喜びだったり、
未開拓の部分がしだいに明らかにされていく喜びだったりするが、
今日の夕食後にはこんな喜びが舞い込んだ。

「越冬隊員にご子息が誕生されました!」
お〜っ! やったね〜! おめでとう! 
パチパチパチパチ! パチパチパチパチ! パチパチパチパチ!

連日の夏作業で疲労困憊の隊員たちが 
力一杯の拍手を贈り続けた。
どの隊員もみんな笑顔だった。
一人の喜びが、
みんなの大きな喜びになっていた。

あらためまして、お誕生おめでとうございます!
そして、南極の僕らに笑顔をありがとう!
健やかに育て!
1年4ヶ月後に帰るあなたのおとうさんは、
今、がんばっているよ!ほら!
(全体ミーティング終了後、さらに打ち合わせを続けるおとうさん)