サングラス(vol.19)

こちらは、隊員用のサングラス。

身を守らなければならないのは、
寒さからだけではなさそうだ。
南極の紫外線はかなり強いという。

夏の昭和基地周辺はもとより、
一面真っ白な氷の大地の上で作業や調査をする場合は、
その照り返しの分も気をつけないといけない。

また、サングラスには
風からも目を守るという働きがある。
基地周辺は、
午前中にはきまって風が吹いているという。
その他、
防塵対策としても
力を発揮するだろう。

ただし、南極の冬の場合は、
吹雪になると
サングラスでは耐えきれず、
ゴーグルになるようだ。
そもそも
ひどいブリザードのときは
外出禁止令が発令されるのだが。”