3の2編 心の地図

3の2社会科 お気に入りの場所

初めての社会科では、
地図の入り口として、
絵地図作りに取り組む。

4月から、学校周辺の「3大コース」を子ども達と決め、
次に、学校周辺の「3大コース」を1日1コースずつ実際に歩き、
そして、学校周辺の「3大コース」からそれぞれ情報を収集してきたみんな。

現在は、その絵地図作りに取り組んでいる。

子 :「大学の前には交番がありました。」
T :「そうかい。大学の前だから『大学交番』でいいね。」
子 :「きゃはは〜、違うよ、『大学”前”交番』だよ。
    だって、バス停も『大学”前”』っていうでしょ。」
子 :「違うよ、交番の名前は『五幅交番』だよ。」
子 :「違うよ、『五幅』ってずっと向こうの方だよ。」
子 :「わかった、大学の近くは『大学前交番』で、
    向こうの五幅の方は『五幅交番』っていうのが別にあるのではないの?」
子 :「そうかなあ、ぼくは、この前、
    大学前から五幅の附属小学校の方までパトロールしている警察官を見たよ。」
子 :「そうそう、ぼくも見たよ。交番は1つで、警察官が二人いるんだよ。」
子 :「え〜!?二人も?違うよ、一人だよ」
子 :「え〜!?一人のはずはないよ。警察官は、朝も夜も私たちを守ってくれているんだよ。」
子 :「え〜!?夜も?」
T :「警察官は、夜は寝ないのかなあ。」
子 :「きゃはは〜、警察官が夜に寝てしまったらだめだ〜」
子 :「だから、警察官は二人いて、
    一人が夜に働いて、もう一人が昼に働いているのではないかな。」
子 :「先生、もう1回、大学前のコースを歩いてこようよ。」
子 :「警察官にインタビューしてみようよ。」
子 :「ついでに、『なに交番』というのかも聞いてこよう。」

こんなやりとりの中で子ども達は、
こんな地図を描いていたのではなかろうか。

1 大学と五幅の位置関係を描いた地図
2 大学前交番(?)と五幅交番(?)の守備範囲を描いた地図
3 パトロール中の警察官と出会った地点がプロットされた地図
4 警察官が朝も昼も夜も守ってくれているという平和な地図
5 インタビューしたくなる警察官がそばにいてくれるという地図

こんなすてきな地図を
心の中に描ききった子ども達だった。