△の法則

今日は、
2の1で、
「みんなにとって一番いい、△の法則」
というのが発見された。

この「△の法則」を知るものは、
まだあまりいないだろう。
というか、
一人もいないだろう。
それもそのはず。
その法則は、
今日、2の1で生まれたのだから。

ことの発端は今日の給食の時間だった。
配膳が始まってからも教室は、ザワザワ〜
校内放送のクイズが始まっても、ザワザワ〜
委員会からのお知らせがあっても、ザワザワ〜
一向に静まる気配がない。

中には、あまりの騒がしさに
「静かに〜」と声を張り上げて
率先して注意してくれる子もいた。
だが、「焼け石に水」とはまさにこのことだった。

そこで、給食を食べ終えてから、
こんなことを考える時間を設けた。
「給食の時間は静かに食べるのが良いか、
 楽しくおしゃべりして食べるのが良いか。
 自分の考えをノート1ページに書きなさい。」

みんなは真剣にノートに向かった。。。

しばらくして、みんなで話し合ってみた。
まず、給食を食べるときのおしゃべりは◎だという立場の意見から出た。
◎し〜んとして食べるのはさびしい。
◎楽しく食べたい。
◎グループの仲間同士で話すくらいの声の大きさならいい。

するとそこに、◎でも×でもない、△の立場の意見が続出しはじめた。
△話してもよいときと、だめなときがあるよ。
△放送がなっていないときはよい、大事な話のときはだめ。
△近くの人と話すのならよい、遠くの人と話すのはだめ。
△時間を決めたら話してもよい、ずっと話すのはだめ。

ここから、さらに考えが深まっていく。
♡放送の人は、給食を食べないでがんばっているんだ。
♡みんなのために大切なことを伝えてくれているんだ。
♡聞きたい人だっているよ。
♡考えることや我慢することが大事だと思う。

そして、いよいよ、冒頭の発言となる。
「みんなにとって一番いいのは、△なんだよ!」

担任は、この
「みんなにとって一番いいのは、△なんだよ」
というフレーズについ立ち止まってしまった。
それは、みんなも同じだった。
「付け加え。△だったら、区別できる人になれるしね!」
「そうだよ。△だったら、大人になってからも役に立つんだよ!」

とかく、
はなまる◎や、
三ツ星☆☆☆や、
金メダルばかりを求めたくなるけれど、
それがいつもいい、
とは限らない。
ときには、
△が必要なときだって、
あるんだなあ。

そんなすてきな法則が、
「みんなにとって一番いい、△の法則」
なのである。

そんなすてきな法則を導いた2の1のみんなに
はなまる◎をあげたい。
(ん〜???)