八尾和紙

先日から、社会の学習で
「八尾和紙」を扱っている。
従来の学習内容である「伝統」と
新しく加わった「地域活性化」の
その両面を追究できる題材として
社会科担当の先生が熱心に指導している。

今日は、その学習の一環として、
八尾へ和紙工房の見学に行ってきた。

コースは2つ。
1つは、職人さんの手さばきなどを目の当たりできる工房見学。
もう1つは、実際に和紙を作る紙すき体験。
その両方を味わってきた貴重な2時間半だった。

見学が始まると、
子どもたちのメモ用紙には、
たくさんの情報が書き留められていった。

静かで、ぬくもりのある工房には、
みんなの質問が途切れなく飛び交った。

学校に戻り、
作った和紙を手にして、
みんは満足そうだった。

帰りの会終了後、みんなは
それを丸めて大切に持ち帰って行った。