除雪

昨日から
たくさんの積雪があった。

月曜の朝には、
登校した子から
一人10分間の除雪活動をお願いした。

登校直後にもかかわらず
すすんでその作業に参加してくれたその子らの姿を見ながら
「ありがとう」「えらいなあ」と
何度も心の中で感謝した。

が、しばらくして、
その気持ちは、微妙に変化していった。

「もう終わろうか」と声をかけたにもかかわらず、
「いいえ、もう少しですから」と手を休めようとしない子。

「。。。。。。」と何も言っていないにもかかわらず、
「渡り廊下の方、しなくていいですか」と動き出した子。

こんな姿には
「ありがとう」とか「えらいなあ」という言葉だけでは
表しきれない感情がこみ上げてきたのである。

校長先生は
「こんな人になりたいなと思う人を、
 できるだけ身近な人から見つけましょう」
とおっしゃったが、
そういう人は、
確かにすぐ近くにいるものだ。

連絡
宿題  :パワーアップ(社会)
     漢字の学習
持ち物 :学校アンケート(まだの人)
     給食俳句
お知らせ:登校班活動あり