業間運動

学校全体で取り組む業間運動。
今週のローテーションは、低学年遊び場。
白山、ブランコ、ジャングルジム、登り棒。。。
6年生は、ここで一体何をするだろう?
と思っていたが、心配ご無用。

子どもは遊びの天才だった。

例えば、登り棒の場所だけでもいろんなことができるようである。
登って降りるだけではない。
上の横棒に足をかけて逆さまになってぶらさがり、
こうもり気分。
2本の縦棒に大の字になった子が下から上まで3人重なり、
人間ピラミッド。

遊具のないところでも遊びができる。
藤棚の下では、
そのくねくねとした形をうまく使って、
ブランコを作ったり、
下に落ちないように移り渡ったり。

勉強ももちろん大切だし、
学ぶことって楽しいことであることと同じように、
こんなたあいもないことも
なぜだかわからないけれど
とても大切なことのように思える。

あえて数字で言うならば、
お勉強:遊具のない遊び=49:51

連絡
宿題  :パワーアップ(理科)
     算数ドリル
     漢字プリント(自分で採点ができます)
     (5/30の第2回漢字ミニテストは、このプリントから出題)
持ち物 :理科の用意
お知らせ:カラーテスト、第2回漢字ミニテストの予定を伝えました。