一足早い慰霊祭

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの71回目。
(写真は54次隊のときのもの)


昭和基地の中心、
19広場をちょっと下った所に、
福島ケルンが建立されている。
観測隊の歴史の中で唯一の遭難事故で
尊い命が奪われたのだが、
このケルンはその教訓を忘れまいという
強い決意の表れでもある。


毎年、越冬隊はその越冬成立の節目で
安全祈願を兼ねて慰霊祭を行うのが常。
しかし、私は夏隊だったため
慰霊祭には参加できないとがわかっていた。
それでも、こんな自分が南極の地で
何かできることはないだろうかと思ったとき
その一つは、南極観測にかけた先輩隊員の供養だと思った。


私は、リュックの隅に衣と袈裟と
経本とおりんと香炉とろうそくの入ったかばんを
そっとしのばせて持って行った。
実家はお寺だったので、携帯に便利なものを出発前に準備した。
越冬隊長からは、「隊としては後日、別に行うつもりだが、
君が個人的な思いでする分には何の問題もない」
との返答をいただいた。

その日は折しも、ブリザードが近づいてくると予報されていた。
私は、天候が荒れる前の昼食時に、
休憩をとっている隊員たちに声をかけ、
慰霊祭を行うことにした。

ケルンの前には、数名の隊員たちが集まった。
私の読経はとても上手とはいえないが、
それでも滞りなく
しめやかに慰霊祭を執り行うことができた。