XCTD

第55次隊の南極観測活動に合わせた
バーチャル同行シリーズの15回目。
(写真は54次隊のときのもの)

南極までの海洋観測は、おおよそこんな感じ。


まずは、XCTDといわれる装置を使った観測。
水温や電気伝導度などを検出するする部分を海洋に投下すると、
センサー部分で感知されたデータが
船上のパソコンに直接送られてくるシステムになっている。
写真は、これからそのセンサーを投下するときの様子だが、
この後、すぐに観測室にもどってみると、
水温や塩分などの鉛直分布がもうモニターに映し出されているのである。

この測器は、船舶が航行中でも使用できるため、
毎朝の停船観測時のほか、昼や、真夜中の定時にも投下している。

ただし、
ということは、
毎日、昼夜を問わず観測室に詰めている隊員がいる、
ということでもある。
海洋を専門とする隊員たちの苦労は
同行していた隊員たちですら、
計り知れない。

55次隊の海洋観測には、
54次隊で行動をともにした仲間が
再度、参加しているはずだけれど、
また、観測室の一角にお茶のみcafeでも開きながら
みんながふらっと立ち寄ってくれるのを
待ってるのかな?”