エンディングはジ・エンドではない

南極授業が授業であるために3

前回に付け加えるならば、
エンディングにも、同様の意味がある。

エンディングというのは、
本当にジ•エンドになってしまってはもともこもない。
次への活動の見通しや希望をもつことができてはじめて
授業は終末を迎えることができるのである。
つまりよい授業というのはいつもオープンエンドなのだ。

子供の側から言うならば
問題が解決してそれで終わりではなく、
そこからさらに新たな問題が生まれて連続していくということ。
学ぶことの楽しさはそこにある。

このエンディングはそんな役割を果たせていただろうか。