昭和基地の新聞(vol.136)

昭和基地には新聞はもちろん届かないから、
それならば自分たちで発行しようということで、
毎次隊ごとに新聞を発行している。
54次隊は「ごしっぷ新聞」というのを作っている。
(ここまでは以前の「南極兄弟」でもご紹介した通り)
越冬交代の2月1日が第1号で、
私が昭和基地を離れたのは2月13日だったから、その日の新聞で第13号だった。
この1〜13号の間に、3度も関わらせていただいたことはまさに光栄の一言。
1度目は、自由原稿の寄稿。
2度目は、「南極授業」を終えてというテーマで寄稿。
3度目は、なんと自分が編集者として自ら取材して、自ら記事を執筆して発行。
特に3度目は、編集長のM隊員には大変なお力添えをいただき深く感謝。
以下、3度目の記事の一部。