FIRST CONTACT(vol.43)

隊員の中には、
通信担当
多目的アンテナ担当
LANインテルサット担当の方がそれぞれ1名ずついる。
私たちはこの方々を「電波三兄弟」と呼んでいる。

この電波三兄弟のご尽力によって
この未明、昭和基地との交信に成功した。
場所は、南緯47度付近、
昭和基地との距離約5500kmの地点だったそう。

このFIRST CONTACTは、
昭和基地にとっても、しらせにとっても、
孤立した状態から脱したという意味をもち
全員で拍手をしてお祝いした。