ともだちたくさん、うれしいな

今日から、後期後半が始まった。
クラスには新しい友達も増え、
子どもたちのボルテージも一段と高まった。

全校集会を終えた教室では、
さっそくミニ歓迎会。
自己紹介のあとは、
お馴染みの歌「さんぽ」を元気よく歌い上げ、
みんな、一瞬で一体となった。

とりわけ、最後のフレーズ
「ともだちたくさん、うれしいなあ
 ともだちたくさん、うれしいなああああ」
はいつまでも教室にこだましていた。

そういえば、今朝、学校の中庭に
どこからともなくたぬきが舞い込んでいた。
珍しい客に驚いたが、
たしか、「さんぽ」の歌詞には、
「きつねも、たぬきも、出ておいで〜」という一節があったのを思い出す。
たぬきさんも、2の1の新たなスタートを
喜んでくれていたのかもしれない。

そんな中、静かに、
新年書初め大会が行われた。
だれもが真剣そのものだった。
明日の朝には、
ろうかにみんなの力作が並ぶ。