間引き

秋冬野菜の種から
たくさんの、
ちいさな芽が、
勢い良く伸びてきた。

畑は、まるで
緑のじゅうたんのよう。

子どもたちは喜んでいるが、
間引きをしてあげないといけないという事情もある。
生活科での、お決まりの思考・判断場面である。

できるだけ間引く数は少なめにし、
できるだけ間引いた芽は別の空いた場所に植え直し、
できるだけ間引かなかった株を大きく元気に。。。
と対応策を見出していくみんな。

とはいうものの、
実際に畑の芽たちと対面すると、
なかなか間引く手が進まない。

世の中、
一筋縄ではいかないことはいっぱいあるものだ。