昔ながらの竹ものさし

算数で、長さを測る学習をしている。
そこで先日、みんなに竹ものさしを配布した。
この昔ながらの竹ものさし。
大人になった今でもそばに置いてある、
という方は少なくないのではなかろうか。
竹には独特の暖かみがある、
伸び縮みが少ない特徴を生かしている、など、
そのよさは確かにありそうだ。

算数の授業では、
そんな余談も交えて
子どもたちが愛着をもてるようにする一方で、
やはり、
“算数的な”よさに気づいていくことも大切にしたい。
そのために、まず、
通常のものさしとの比較の場を設けてみる。
そこで気づくことは、例えば以下のようなこと。

◎端からすぐにはかれる!
◎5