学級というところ

今日の算数の時間。
「ちがいに目をつけて」
例えばこんな問題。

「つとむさんとはなこさんで60個作ります。
 つとむさんははなこさんより10個多く作ります。
 つとむさんとはなこさんはいくつずつ作りますか。」

だが、別に、今回は、
この問題の解決をめぐる算数的な話ではない。
この問題の解決をめぐる人間的な話である。

「ちがいに目をつけて」だから、模範的な解法は以下。
60−10=50
50÷ 2=25(はなこさんの数)
25+10=35(つとむさんの数)
このことをA児やB児が次々と説明した。

そこで、まだ他にもあるよ、とZ児。
自分のやり方はね。。。と次のような式を立てた。
60÷ 2=30
30-10=40(はなこさんの数)
30+10=20(つとむさんの数)
この解法では、
確かに二人の合計は60にはなるが、
二人の「ちがい」は10ではなく20になってしまう。

そこにすかさず、それを改良すればいい、とY児。
60÷ 2=30
10÷ 2= 5
30- 5=25(はなこさんの数)
30+ 5=35(つとむさんの数)
この改良によって、
二人の合計は60になり、かつ、
二人の「ちがい」は10になる。

ここで多くの子が納得した。
どちらの方法も正解である。
担任は、
前者をA•B法と名付け、
後者をZ法と名付けた。

その時である。

突然、Z児がこう言った。
「先生、その方法(後者の方法)は、Z•Y法です」と。

言うまでもないが、この発言には、こんな意味がある。
すなわち、
自分(Z児)が正答した解法は、
Y児が誤答したものをもとに改良を加えたものであって、
自分(Z児)と友達(Y児)との共作なのである、
ということを担任に進言しているのである。

感心させられるのは、
「Z•Y法と名付けるべきだ」と語った主が、
正答を述べたZ児であったということである。

その直後、
Y児はZ児に歩み寄り、
二人で、がっちりと固い握手を交わしていた。
その様子を、
みんなは微笑んで見つめていた。

有名な言葉に
「学級は間違う場所である」
というのがある。
ただ、
言うは易し、行うは難し。
なかなかそうはいかないものである。
なかなかそうはいかないはずのものが、
目の前で繰り広げられた今日の算数の時間。

こういうのを知るにつけ、
やれ、PISA型学力がどうだとか、
やれ、フィンランド何とかだとか、
やれ、全国順位がどうだとか、
ということの味気なさを想う。

そういうことを声高に言う立場の方々は、
こういう現場のドラマを味気なく想うのだろうか。

かつて、「ゆとり教育」がやり玉にあがったときも、
どなたかが論じていた。
「現場のことを知らない人や、そこから遠い立場にある人に限って、
 『ゆとり教育』を批判する傾向がある」と。

今、時代の寵児のようにもなっている
PISA型学力を推進なさる方々、あるいは、
フィンランド何とかに傾倒されている方々などが、
そうではないことを願うばかりである。

問題解決能力をめぐる話は、いつも教科的な話ばかりとは限らない。
問題解決能力をめぐる話は、極めて人間的な話ということもあるのである。
そういう話がまじめにできるのが、
学級というところであり、
教育の現場というところである。