サプライズ

今日は、
中学年ドッチボール大会での
あるサプライズに感動した。
年がいもなくうるっときた。
いろいろあるが、やっぱり4の1の一員でよかったと思った。

それは、
ドッチボール大会で4の1が見事優勝した、
というような、そんなことではない。

話せば、ちょっと長くなる。
過去のいろんな場面が伏線としてつながってくるから長くなる。

ドッチボール大会の選手は男女各7名と決まっていた。
4の1では、それを越える希望者が立候補した。
7選手は、みんなの投票で民主的に決まった。
だからといってそれでいいというわけでないのが、
教育の現場である。
投票で惜しくも補欠に回った子たちがいた。
控えの席にさえつけなかった子たちもいた。
しかし、大会期間の2日間とも、
選手たちと同様に給食を早めに食べ、
体操服に着替え、
心の準備をして出場に備えていた。
こういうところに、
微妙な空気がさしこんでくるのを
担任なら誰でも経験上知っている。
知っていながら、
あからさまな手だてを打てないということも痛感している。
できることは、
できるだけみんなのそばにいて、
小さな心の動きをひとつひとつ納めていくことぐらいである。

いよいよ大会が始まった。
選手たちの活躍ぶりは見事だった。
コートでは随所にスーパープレーが生まれた。
そのたびに、応援席は歓声にわいた。
応援席の盛り上がりは、
コートの選手たちと一体となっていた。
担任の注意は、
そんな応援席のスーパープレーに惹き付けられていった。

そうして、4の1の優勝で、大会2日間の日程を終えた。

帰りの会、担任は、
まず応援席でのスーパープレーを紹介し、
次にコートでのスーパープレーを紹介しようと考えていた。
ところが、である。
「係からのお知らせ」のときにサプライズが起こった。

係の子たちが、
「今日のドッチボール大会で、
 私たち4の1のためにがんばって、
 そして優勝してくれた選手のみなさんに
 プレゼントがあります。
 前に出てきてください。」
と言い出したのだ。
選手たちは、黒板の前に横2列に整列するようにうながされ、
係の子たちは、一人一人にカプセルプレゼントを渡した。

このサプライズに、
担任の危険予知は、見事にはずれたのを自覚した。

そして、選手たちがこう語った。
「優勝できてうれしいです」
「みんなの応援があったから優勝できました」
「ボールを受けるたびにわーっというみんなの声が聞こえてうれしかったです」
「昼休みの時間なのに駆けつけてくれてみんなありがとう」

普通なら子どもたちに当然あるだろうと思われた微妙な空気。
そう心配していた担任を見事に裏切ってくれた4の1のみんな。
おそらくは、
心の奥ではそういうものもわずかにあった可能性もないわけではないが、
仮にそうだとしても、
4の1のみんなの心は、
担任の知らないところで、担任の予想以上に、着実に成長を遂げていた。

それが、今日のサプライズ。