はしご

今日は、午後から会合のはしご。

どちらにも共通するのは、
やっぱり、いわゆる「活用」。

まったく、この「習得・活用・探究」と言うキーワードは
やっかいだ。

ものごと、キーワード!と謳うことで
わかりやすく、明快になることが多いが、
ものによっては、
キーワードを用いると逆に
やっかいなことになってしまうことがあるという典型。

こと教育観にかかわる壮大なことを
キーワードなんかでくくろう
ということ自体に無理がある。

そもそも、
「習得・活用。。。。」なんて新しい言葉を用いて言わなくても、
そんなことは、すでに、
数十年前の先輩教員たちが指摘していたこと。
しかも、優れた教育実践の中で、
それを具現化してきていたと思う。

新しいものは何もない、とまでは言わないが、
少なくとも、
過去に指摘されている「活用」の具体や考え方以上の内容に
残念ながら出会ったことはない。

今日はしごした会合の中でも然り。
ただ、収穫は、
2つめの会合に参加された方々の多くが
同様の考えだったように思えたこと。

連絡
宿題  :社会ワーク
     算数問題
     理科カラーテスト「ぐんぐんのびろ」
持ち物 :水泳の用意
     リコーダー(まだの人)
     懇談会のアンケート
お知らせ:本の注文(あれば)