卒業文集

約1ヶ月前に
みんなは修学旅行文集を書き上げた。
作文2タイトル、新聞1作品の一人計3枚だった。

そして、今は
卒業文集に取り組み始めている。
卒業文集は、異なる2つのテーマで書く。
一人2枚である。
直筆の、そのままの文字が文集に収まる。

ていねいに、
習った漢字をつかって、
敬体、常体をそろえて、
3〜4段落構成で、
など、基本的な注意事項はもちろん厳守である。
(現在の進捗状況は、この辺りまできている。)

その上で、
書き出しの工夫や、
事実と考えの区別や、
比喩表現や、
情景的表現や、
隠れた「主題」(話の落としどころ)などを
意識して作品として仕上げられるようにしたい。

原稿用紙のマス目の大きさは
通常の約半分程度とかなり小さい。
下書きが完成したら、
ボールペンで上書きもしなければならない。
もし間違えたら、修正液で修正はできない。
はじめから、書き直しである。

完成予定は11月下旬。

連絡
宿題  :パワーアップ(社会)
     漢字の学習
持ち物 :習字道具(必ず)
お知らせ:児童文集(17〜20、37〜40)