5分後

今日の天気は
様子がおかしかった。

日差しがさしたかと思うと、
吹雪で視界が真っ白になったり、
そうかと思うとまた止んだり。

おかしいと感じるのは、
それが、
何度も繰り返されること。

しかも、
降雪の勢いを見る限り、
「これは積もるぞ」「大雪になるぞ」
と誰もが経験的にそう思う降り具合なのに、
それがいきなり止んで回復してしまう。
その間隔が妙に短い。

ある子が、吹雪く外の様子を見て叫んだ。
「5分後は晴れるぞ」
その声を聞いてはっとした。
確かに、ずっと繰り返されるその間隔を
実際に測ってみようという動きは、
ありそうで、ないことだった。

さっそく時計を見て、時間を気にし始めた。
吹雪き始めて約8分後、
再び、雪がぴたりと止んだ。
「おお〜すげえ〜」

「天気」などという
どうにもならないはずの自然の変化に
ある規則性を導き出し、
今度はそれをものさしにして、
自然の事象を予測するわくわく感。

それまで、どうにもならないと思っていたはずの「天気」が、
意のままになった(ように思えた)
錯覚や矛盾が、
教室に生まれた。

連絡
宿題  :国語ドリル
持ち物 :うがいコップ
     *まだ持ってきていない人がいます。
      早く準備して持ってきてください。
      集団生活です。みんなで取り組まなければ意味が半減します。
お知らせ: