続・日直の星

帰りの会が終わった後の教室というのは
様々な姿でごったがえす。
今日は、国語の授業で行っていた
ビデオニュース作りの続きで盛り上がっている子たちがいた。
帰りの会の時から
「みなさ〜ん、ちょっとお願いし〜す。
 撮影するので教室を出てくださ〜い。」
(撮影終了)
「ご協力、ありがとうございました〜。」
それは、さながらドラマの撮影ロケのよう。
みんなが帰ったあとも、
「5の1の授業風景を撮るよ〜。」といって
その撮影は続いていた。
そんな人混みをぬうようにして、
日直の星がキラリと輝く。
机の整とんをし、
ほうきをもって教室を掃き。
いすを上げ、
机の下のごみもきれいに掃き取る。
もうゴミはほとんどないのに、
何度も机の周りを回って
きれいにしてくれている。
その頃には、もうロケ班の撮影も終盤にさしかかり、
外に真っ赤な夕日が落ち始めていた。
ロケ班は一斉に屋上に飛び出し、
夕日に向かって
「青春だ〜」とかなんとか叫んでいる。
教室に戻ると、まだ
日直さんの掃除はもくもくと続いていた。
ロケ班のメンバーが、
一人、また一人と手伝い始める。
いすを下ろす子、
もう1本ほうきを持ってくる子、
ちりとりでごみを取る子。?夕暮れ時に、
夕日がひときわ美しさを増すように、
5の1の日直の星は、
そこで再び?キラリと輝く。
仲間とともに。

連絡
宿題  :パワーアップ(なし)
     国語ドリル
     カラーテストの勉強
持ち物 :スーパー袋3枚(給食用)
     自習の用意
お知らせ:委員会あり