マナー講座1

教育学部で学ぶ学生は、今後、教育の現場に出て積極的に関わっていきます。
様々な体験をしながら理論と実践の往還的な学びを積みかさていくことを願っています。

それに先駆けて、マナー講座1を行いました。

お招きした2名の講師の方から、
スーツの着こなしや挨拶の仕方などの具体的な技能を学ぶことはもとより、
そもそもマナーとは何か、という根本的な問いについて考える機会をいただきました。
正しいマナーやきまりはあるものの、
相手を敬う心や謙虚さが何より大切とのこと。

ここで学んだことを胸に秘めつつ
若者らしくさわやかに、時には失敗もしながら、
誠実に子ども達と向き合ってきてほしいと願いました。