拍手

本日、卒業式。

堂々と入場する卒業生に
何百回もの拍手が送られた。

晴れやかに退場する卒業生に
どこまでも暖かい拍手が届けられた。

そして、卒業式が終了。

在校生だけが残った体育館で
教頭先生は、5年生だけを立たせた。

卒業を祝う会を一致団結して企画した5年生に、
卒業式全体練習を大きな声と立派な態度でリードした5年生に、
前日は遅くまで残って献身的に働いた5年生に、
惜しみない拍手を、と促された。

その拍手の音は、
卒業生に対して送られたそれと同じだった。

5年生のみんなは、
それまでの緊張から解かれたのも手伝ってか、
本当にうれしそうな笑みを浮かべていた。
素直にその拍手を受け止めてあまりある
活躍ぶりだったと思う。

お疲れさま。